金貨投資とは


金貨投資というのは、金貨や金地金といったものを活用して行われる投資の方法です。国内で購入することができる金貨はオーストリア造幣局が発行する「ウィーン金貨ハーモニー」や、カナダ王室造幣局の「メイプルリーフ金貨」、オーストラリア・パース造幣局の「カンガルー金貨」があります。これらは純金製であるために「地金型金貨」とも呼ばれています。流動性が高く、デザイン性も高いということで収集することも楽しめ、なおかつ必要に応じて換金することによって利益が得られるということで新しい投資法として注目を集めています。

金貨投資のメリットとして少額から投資ができる点があります。やはり、投資の不安は失敗して損失が出ることです。少しでも損失を減らすためにはたくさんのべんきょうをして利益が出る仕組みを知ることです。しかし、投資というのは教科書通りに進むものではありません。経済動向によって様々な形で動くため、思い通りにいかないものです。そこで感覚をつかむために少ない投資から初めて少しずつコツを掴みながら利益を出すことが重要です。

収集型金貨のように少しずつコレクションして自分自身が楽しみながら、適宜必要に応じて交換して利益をでてという楽しみ方はリスクも少なく少しずつ利益を積み上げていくことができるので初心者には楽しみやすくなおかつリスクも低い安全性の高い投資であると言えます。


投資の種類


投資とひとくくりに行っても様々なものがあります。有名なものとして株やFXがあります。株式の購入をして株主優待での生活をしたり、株の売買をして利益を得たりということをしている人もいます。また、外貨の売買をしてその価格差で利益を得たりということをしている人もいます。このような株取引や外貨取引といったものが最近では有名になりつつありますが、他にも資産運用の方法は色々とあります。

資産運用として最近新たに注目されているのが不動産経営です。不動産経営というとすごく大きな金額が動くものであり失敗すると大きな損失が出る不安を感じる人も多いものです。しかし、実際には不動産投資というのは株よりもリスクが少ないと言われています。今は遺産相続で受け継いだ土地を活用できずに困っている人も多くいます。空き家となったら老朽化も早いですし、空き巣被害も出ることがあります。そして、資産として持っていれば税金が発生します。そこで、節税対策、空き地の有効活用としてアパートやマンション、一戸建て、駐車場として賃貸物件にして貸すことで不動産利益を得るようにする有効活用することが見直されています。そして私たちの生活に溶け込んでいるのです。


投資の流行


長引く不況により、金融不安が続いています。従来は一度就職した会社に定年をするまで勤め続けるのが当然だと思われてきていましたし、就職の際には正規雇用での就職をすることが当然であると思われてきました。しかし、今は就職の際に正規雇用で就職できる人が全てではなく、中には派遣社員や非常勤社員という待遇で働いており、保険や給与、手当の面で正規雇用とは差がつけられていたり、アルバイトとしてしか働けなかったりすることも多いですし、正規雇用で働くことができても途中でリストラや賃金カットが起こるということもあります。一度勤めた企業で働き続けることができないこともあり、中には働いているうちに勤めている企業が倒産したり買収されたりして企業の形がなくなってしまうということもあります。

また、高齢化社会を迎え、長生きする人が増えています。平均寿命が80歳を超えているために、退職してから20年近く給与を得ずに生活をすることが必要となります。それなのに、実際には退職金が以前よりも受け取れる金額がすくなくなっていたり、月々の給与が減っているために老後に向けての貯金が満足いく金額まで届いていなかったりという不安、年金が十分に受け取れない不安からも老後に貧困で困るという家庭も増えています。そこで、資産運用として様々な投資を検討する人が増えています。銀行では投資のセミナーが開催されていることも増えており、多くの人がこれからの資産運用を早いうちから考えることが主流となりつつあります。